医療の未来を変える
新規技術の
安全性と有効性を
確かなものに
Regenerative Medicine Registry Council
PMDAの参加による、国内唯一の官民共同による
規制当局公式レジストリ評価項目検討プラットフォーム
observed by
厚生労働省 PMDA AMED 製薬協 FIRM

レジストリ協議会について

About Registry Council
レジストリ協議会 解説図

再生医療等製品などの調査項目策定を効率化

再生医療等レジストリ協議会は、再生医療等製品の市販後調査・治験等における患者登録システムの効率的な運用を目的として、日本医学会に設置されました。
協議会を利用することで、調査項目策定にかかる規制当局・アカデミアとの調整がワンストップで提供され、工程の大幅な合理化が可能となります。
協議会には厚生労働省・PMDAといった規制当局がオブザーバーとして参加するとともに、事務局は日本再生医療学会が務め、Public-Private Partnershipで評価項目の策定を効率的に提供します。

利用方法

Method of Use
  • 1.
    協議会へ書類申請
    専用の書類にてレジストリ協議会に調査項目の申請を行います。
    申請書のダウンロードはこちら
  • 2.
    ワーキンググループ発足
    申請された項目に応じてレジストリ協議会が専門家を集め、「ワーキンググループ」を組織します。
  • 3.
    調査項目の決定
    ワーキンググループにて必要な調査項目とその有用性を討議し結論を下します。

お知らせ・議事録

Information

FAQ

  • A1
    申請書をこちらのページからダウンロードしご記入の上、協議会事務局へご郵送ください。
  • A2
    過去の資料は、PMDAのWebサイトからご覧いただけます。
    「再生医療等製品患者登録システムに関する検討会の資料等」からご確認ください。
  • A3
    アカデミアの料金体系につきましてはお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせ
CONTACT

調査項目策定申請や不明点等のご連絡は
お問い合わせページよりお願いします。